2018年02月22日

古代米の麹甘酒

先日、当社のSさんに手づくりの麹甘酒をもらいましたface02

これは「古代米」を使った麹甘酒だそうですface08

ほんのりピンク色で、スプーンですくうと、麹と一緒に古代米が顔を出します


☆作り方も聞いてみました

①古代米を40g鍋に入れ、少し余計目くらいの水を投入し火にかける。古代米↓


②酒、酢、砂糖をほんの少しずつ加える
(色を鮮やかにするためのものなので、1~2つまみくらいでいいそうです)

③古代米が柔らかくなるまで煮込む(様子を見ながら)

④それとは別に炊飯器に3合のもち米と水をセットする。
 
⑤そこに、さきほど煮た古代米を汁ごと投入

⑤炊飯

⑥炊けたら、おかゆ状になるので混ぜて、保温状態で一晩おく

⑦翌日、保温していたおかゆに麹を1升投入

混ぜたら出来上がりface05と聞いたのですが、

☆某レシピでは、麹を入れるタイミングは60℃で8時間と書いてありましたので、ご使用の炊飯器の保温時の温度を確認しつつ、麹投入後8時間おいた方がいいかもしれません。

☆麹を入れる時のおかゆの温度が味を大きく左右するので、加減が難しいそうです。


今回聞いた麹甘酒の作り方はやや大雑把ですので^^;

普通の麹甘酒でしたら、「炊飯器を使った麹甘酒の作り方」とネットで検索して、そちらを参考にした方よいかもしれませんenpitu




  


Posted by 農村通信 at 10:42Comments(0)

2018年02月16日

オランダ・スペインお土産話

こんにちはface02

今日の酒田は、風は冷たいですが窓からは日の光が差し込んでいますicon01icon01icon01


少しずつ春が近づいています!(そう思いたい・涙!)足跡足跡

今日はおもしろいお話を聞いたので、それを書きたいと思いますenpitu

稲作講師Wさんは、今年に入って続々と世界進出しております(笑)icon20

新年早々、タイ・カンボジアへレッツゴーicon16

2月はオランダ・スペインへレッツゴーicon16

先行き好調ですねicon09icon14

お土産と共に、おもしろい話を聞きましたよface02ありがとうございますface02


オランダ人の方々はみなさん背が高いですよね。
オランダ人女性の平均身長は171cm、男性184cmというデータがあります。
(ちなみに日本人男性は171cm、女性は158cmです)。

でも、オランダ人も、昔から背が高かったわけではないんですね

大きくなった秘密があったんです!face08

諸説ありますが、現地で聞いてきたお話では、牛に使用していた成長ホルモン剤が原因だと言われているそうです。
ある時期、オランダでは牛に成長ホルモン剤を使っていたんそうなんですね。

で、その牛肉を食べるようになってからオランダ人の背がどんどん高くなっていったとかface08face08face08
※今は牛への成長ホルモン剤使用は禁止されています。

もちろん、要因は一つではないと思いますし、日本人の平均身長も昔に比べれば高くなりましたよね。


他に驚いたことは

●物価の高さ
 水、ワイン、ビールはほぼ同じ値段だそうです。

たしか3ユーロって言ってたので約400円くらいでしょうかface08ヒョエ~です

●時間にルーズなところ
 よく言えば、時間に追われず、ゆっくりと生活しているというとこでしょうね。


私の気性には、外国のほうがあっているかもしれません(笑)

行ったことのない国のお話というのはおもしろいものですねface02face02

海外から見ると、アジア3か国の中で、日本は一番人気だそうですよ。

それはマナーの良さと、街並みの美しさ(ゴミが落ちていない)があげられるそうですface02



  


Posted by 農村通信 at 14:32Comments(0)その他

2018年02月14日

北陸のハウス倒壊は対岸の火事ではない?

来月からいよいよ農家の稲作がスタートしますねface01

今年は各地で大雪が相次いでる関係から、指導部よりお知らせがありますので、ぜひ、ご覧くださいmezamashi

************

~指導部より農家の皆さんへ~

地球温暖化現象はどこへ行ってしまったのかと思うほど、今年の冬は寒さも厳しく、近年にない大雪となっていますicon04icon04icon04

特に北陸地方の福井県や富山県、北海道などでは積雪量が多すぎて除雪が間に合わず、ハウス倒壊の被害甚大ですicon10

春の雪解けを待って一斉にビニールの張り替えや再建設作業が行われることでしょう。

みなさん思い出してください。

6年ほど前に庄内で突然発生した爆弾低気圧では、ビニールハウスの倒壊が相次ぎ、張り替えや再建設により、資材の生産が間に合わない事態が起こりました。

それにより苦労した農家もたくさんおりました。

今回も同じような状況になることが考えられます!

対岸の火事と思わずに、更新を必要とするビニールは早めに注文するなど、準備万端にして憂いなきようにしてください。


 
  写真は2012年の爆弾低気圧によるハウス倒壊時のものです  


Posted by 農村通信 at 15:37Comments(0)稲作緊急速報

2018年02月09日

大雪の影響、災い転じて福となす?

こんにちはface01

今日から平昌オリンピックがはじまります。

明日から三連休の方も多いと思います。韓国と日本の時差はほとんどありませんので、ほぼリアルタイムでオリンピックを観戦できそうですねface02

一方、福井県では、みなさんニュースでもご存知の通り、記録的な大雪に見舞われ、甚大な被害を及ぼしています。農業方面の被害も深刻で、ハウスや小屋の倒壊が相次いでいるそうです。これから気温が緩むと二次被害の心配もあり、これ以上被害が大きくならないことを祈りますicon10

昨日とあるスーパーに行きましたら、ヤマザキ製パンの食パン(間違っていたらすみません)が、新潟の雪の影響で入荷が遅れているとの貼り紙がしてあり、棚が空っぽでした。

酒田のスーパーにまで雪の影響がでていたことに、ちょっと驚きましたface08

実はここ数日間、当社の社長も東京に出張しており、昨日酒田着の予定でしたが、新潟駅から電車が動かず、新潟に1泊して、今日帰ってきましたshunkansen

物流も滞るのだから、人だって帰ってこれなくなるよなあと思いました。

雪のおかげで?会社のスタッフに東京でパンダのお菓子新潟で越後名物まで買ってきてくれました(笑)ありがとうございます。


  


Posted by 農村通信 at 15:25Comments(0)雑感

2018年01月30日

農村通信2月号完成 読みどころは?

本日、一足早く「農村通信」2月号が完成し、書店へ配本へ行ってきましたicon17f01f01f01

今日は先月よりも天候に恵まれ、スムーズに配本することができましたface02

今月号の表紙は冬の総光寺ときのこ杉です。


総光寺さんの「きのこ杉」といえば有名で、春夏秋冬、いろんな顔を見せてくれますねface02

こまめに管理しているからこそみれる美しさだと思いますsabotenicon12

表紙は冬の総光寺ときのこ杉ですが、下の写真は夏に撮ったものです。見事ですねicon12




さて、2月号の読みどころは

今注目の
稲ホールクロップサイレージによる繁殖・肥育牛一貫経営を取材しました。

ぜひ手にとって読んでみてくださいねface02




  


Posted by 農村通信 at 16:39Comments(0)今月の農村通信みどころ

2018年01月29日

農村通信に載ってみませんか?

こんにちはface02

やっと、ここ数日の寒さが緩んできましたicon02

とはいえ、まだ1月。またいつ寒波が襲ってくるか気が抜けませんね。

私は早くも春の便りが待ち遠しい今日この頃ですicon10


さて、農村通信には、奇数月に女の子girl、偶数月に男の子kao7を紹介するコーナーがありますheart

庄内・由利の独身の男女にインタビューし、お仕事のことを中心に趣味や特技など、その方の魅力となるところを取り上げて紹介させていただいていますrose

昔は「若い時の記念に載りたい」という方がたくさんいて喜ばしい限りだったのですが、その後、個人情報ウンヌンが厳しくなって以降、自ら載りたいという方は少なくなっていきました。


しかし時代は流れ、近年はフェイスブックやツイッター、その他SNSで気軽に自己PRできる時代になり、若い人ほど、雑誌に載ることに抵抗がなくなってきたように思います。

「時代は巡る」んだなと感じていますface01

そんな今だからこそ、「記念に雑誌に載りたい」「PRしたいことがある」、そんな方がいましたら当社にご一報ください。

例)趣味の活動のPRをしたい

例)起業するので自己PRも兼ねて載りたい

例)若い時の思い出、記念に載ってみたい


※その他、特別な理由はないけど、載ってもいいですよという方も大歓迎です。


☆このコーナーは、農家の方でなくともOKですし、記事になる前には、しっかりと本人に確認を取りますので、「この部分は載せてほしくないな」ということは載せませんのでご安心を。

ぜひ、農村通信までご連絡ください。

電話でもメールでもOKです。

電話0234-23-5225
メールnoutsuu@atlas.plala.or.jp

たくさんのご応募お待ちしております^^




  


Posted by 農村通信 at 14:04Comments(0)お知らせ

2018年01月26日

インフルエンザ警報発令、水道管もカッチカチ

こんにちはface01

やっと「農村通信」2月号の校正が終了し、つかの間の一息です。

今月は、校正の忙しいさなか体調を崩してしまい、ほかのスタッフさんに迷惑をかけてしまいましたface07

だんだんと無理のきかないお年頃になってきたようですkao9

さらに今月は、お世話になってるカメラマンさんやライターさんもインフルエンザにかかったり、家族が体調不良になったりと、みなさん緊急事態にもかかわらず、お約束の原稿をしっかりと送って下さり、感謝とともに、大変恐縮いたしましたkao10

全国的にインフルエンザ警報が発令されてますface08

うがい、手洗い、マスク着用、そして、できるだけ人ごみに行かないことが一番ですねhouse02


そして、この寒さで会社の水道も連日凍っています。

築ウン十年の建物で、水道管が外にむき出しのため、水抜きをして、元栓を閉めていっても、翌朝にはカチカチですface08


朝出勤すると部屋の温度はマイナスですkao11

すぐに暖房を入れ、前の日にやかんにためた水を沸かして、蛇口にタオルを巻いてお湯をかけると少しずつ溶けて開通するので、なんとかなっています。

トイレの水が凍らないことだけは幸いですtoiref01

我が家の観葉植物もしなびたり、台所も昨日から水道管が凍ってカチカチのままですkao9

幸いお風呂場の水が凍らなかったので、その水で何とかしのいでいますが、まずはこの寒気が早く緩むことを願うばかりですicon10

同じような人がほかにもいると思いますが、

この寒気を東北の知恵で何とか乗り越えたいですねicon21
  


Posted by 農村通信 at 15:01Comments(0)雑感

2018年01月18日

牛タン・・・風味?

こんにちはface01

ここ数日の気温と雨であれだけ積もった雪もほとんどなくなりましたねicon03

さて、ちょっとおもしろい出来事がありましたface01

当社のSさんが取材で最上まで行った帰り、東北限定の柿の種を見つけ「これは酒のつまみにちょうどよさそうだ」と買ってきました。

Sさんは、このパッケージを見て、柿の種に牛タンの切れ端が入っていると思ったそうです。

確かに、おいしそうな牛タンの写真が目を引きますねicon12

ところが食べてみると、牛タンがどこにも見当たりませんface08face08face08

「騙された!」と思いパッケージを良く見ると・・・


牛タンの大きな文字の横には・・・

「風味」の文字が(笑)

Sさんは、「すっかり騙されたface08」と言って、みんなに1つずつ配ってくれました。

食べてみると、確かに柿の種「牛タン風味」でした(笑)

買うときは、パッケージをよく見て買いましょう(笑)






  


Posted by 農村通信 at 14:01Comments(0)雑感

2018年01月15日

今年の冬は「つらら」がいっぱい?

こんにちはface01

先日、社内でこんな話がでました。

最近「つらら」をほとんど見ない。なぜだろう?昔はどこの家にも大きなつららがたくさんできていたのに、住宅の構造が変化したからだろうか?

確かに私が子供の頃は、どこの家の軒先にも大きな「つらら」が垂れ下がっていて、太陽の陽にキラキラと輝く「つらら」はとてもきれいでしたface01

手を伸ばして届きそうな高さに「つらら」があれば、傘でバキバキ折ってみたり、しまいには、舐めたりして遊んでいたのを思い出します(笑)。

そんな「つらら」も最近はほとんど見ることがありませんでした。
(もちろんゼロではありませんが・・・)

そんな話をしていた矢先の大雪と冷え込みicon04

その後からでしょうか、寒さが緩んで雪が溶け、そして夜にはまた冷え込み、その繰り返しで、あちこちの軒先に「つらら」が出現しはじめましたicon04

屋根の上の厚い雪が溶けて、ポタポタと滴を垂らし、それが冷え込みで少しずつ固まり「つらら」を作り上げたのですicon12

こんなに立派な「つらら」があちこちにできているのを見たのは久しぶりですface08

みなさんのまわりはどうですか?

昔の冬の天気はこんな感じだったのかなと思いを巡らせながら、久しぶりに見た「つらら」に目を輝かせましたdokuroicon12
  


Posted by 農村通信 at 14:07Comments(0)雑感

2018年01月09日

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございますface02
今年もよろしくお願い致します。

1/5が仕事始めだった当社ですが、通勤時の交通量はまばらで、本格的な仕事始めは今日からという方が多いのかなと思いましたface01

これから天候が徐々に荒れていくようですので、みなさん運転など気を付けてくださいねicon04



さて、仕事始めの1/5、農村通信にきれいな花が咲きました!
ジャーン

というのは冗談で、見ての通り、これは「だんご木」です

内陸の方では紅白の「だんご木」が有名ですが、これは鶴岡市中清水で作成したものです。

この集落には、「だんご木」で「家内安全・豊作祈願」をする風習がまだ残っており、子供会やPTA、役員が協力して作っているそうですgirlkao7

ついた餅を手でちぎりながら、「みずき」と言われる木に、花のようにつけていきます。(まゆ玉と呼ぶそうです)

その一部を農村通信に持ってきてくださったんですface08

今年は仕事始めに、職員、稲作講師が揃い、みんなで神棚に手を合わせることが出来ました。

喜びもつかの間、休みが多い分だけ、編集業務に費やす時間が少なくなります。年を越せば新たに作り直さなければいけない書類もたくさんicon10

身体がまだお正月モードですが、早く復活しなければicon10
  


Posted by 農村通信 at 11:49Comments(0)ごあいさつ