2018年07月12日

現地指導もあとわずか、今年のイネの生育は?ドローンでの撮影も!

おはようございますface02

農村通信の現地指導もラストスパートを迎え、残り2支部となりましたfutabafutabafutaba

今年の現地指導を振り返って見えたイネの生育状況を簡単にまとめてみました。
※詳しくは農村通信8月号に掲載予定ですface01


~~~~~~~~~

庄内の平坦地の平均的葉齢は10.5葉とほぼ平年並みです。

●茎数はやや多め、草丈はやや長く経過していました。

●特に7葉、8葉が6月第4半旬頃の低温で極端に短く、その反動で10葉身が33~35㎝と長いイネが多くありました。

しかし、総合的に見れば、葉色が品種ごとに基準に収まっていれば心配することはありません。

☆中干しに入ってからは雨の日が多く、ぬかるむ圃場が多かったので、早期に地耐力を付けることが重要になります。

まとめますと、十分に茎数確保されたイネが多く、適期適量の穂肥を施せば、秋の健全多収が期待できそうです。

写真は遊佐町の蕨岡支部での現地指導のようすです。編集委員の池田さんに協力してもらいドローンで撮影した写真ですface02
ご協力ありがとうございましたface02icon12icon12

わお~face08高い!

きれいに植えつけられた田んぼは緑のじゅうたんのようface05

みんなで手を振る様子が微笑ましい蕨岡支部のみなさんでしたface02


  


Posted by 農村通信 at 09:25Comments(0)稲作両羽興農会行事

2018年06月30日

農村通信を頼ってください^^

おはようございますkao1
久々のブログ更新ですicon10

気が付けば6月も月末・・・
ほぼ更新なく終わってしまい、気合を入れ直さねば!と思っているところですkao13

さて、6月の農村通信は読者の会が主催する稲作モデル展示圃の圃場巡回や総会、青田指導などが行われました。


また、7月になると各支部で稲作現地指導が開催されます。※写真は昨年のものです。


稲作農家にとって、その年の天気は米の収量を左右しかねないものですが、昨今の異常気象は毎年いろんな形でやってきます。

昨日も山形市の最高気温は37℃と、6月の観測史上最高気温を更新し、人々をおどろかせました。

さらに、関東甲信地方は6/29に統計史上最も早い梅雨明け、九州では大雨と、予測困難な天候が続いています。


そんなときに農家さんの手助けができるのが農村通信だと思っておりますkao2


昨日、農村通信7月号を本屋さんに配本してきましたkao1

充実した内容になっています。ぜひ手に取ってみてくださいkao1



農村通信取扱店
八文字屋 みすほ店
八文字屋 鶴岡店
遊佐町エルパ内「Booksほんま」
庄内町ブックシティとみや
   


Posted by 農村通信 at 10:13Comments(0)稲作発刊のお知らせ

2018年06月04日

お買い得、売ります

こんにちはface02

今日は、会社で使わなくなったプリンターのインクと、間違って購入してしまったDVD-RWを必要な方に安くお譲りしたいと思いますface01


エプソンインク(純正)適合機種をご確認ください。
色はライトシアン1、マゼンタ1、ライトマゼンタ2です。
1色500円でお譲りします。



DVD-RW
メーカーTDK
(開封しましたが未使用です)
購入後約10年近く経過しています
5枚で500円でお譲りします。



会社に取りに来れる方限定になります。
欲しい方はご一報ください
☎0234-23-5225

ブログを見ましたと言っていただけるとスムーズですface02

ご連絡お待ちしておりますface02




  


Posted by 農村通信 at 15:01Comments(0)売ります

2018年05月28日

楽々穂肥診断♪

こんにちはface01

早いもので、もうすぐ6月ですねf01

6月はイネの観察と適切な水管理が重要な月です
7月はツナギ肥、穂肥を施しますが、品種ごと、そのタイミングはことなります。


例えば、稈長が伸びやすい「あきたこまち」やコシヒカリ、ひとめぼれ、ササニシキのような品種は、基肥は控えめにし、不足分をツナギ肥で補うことで、毎年違う乾土効果にも対応でき安定生産に繋がります。

そこで活躍するのが農村通信で作製した「稲作メイト3S」です。

今は多品種のお米を栽培している農家さんがたくさんいらっしゃいます。

稲作メイト3Sは裏表仕様にすることで、1つ購入すれば6品種の診断を可能にしました。
  ☆ピンクの面が4品種に対応

  ☆黄色の面が2品種に対応


一番外側の日付に、その日の葉齢を合わせると各窓にツナギ肥日、穂肥日、出穂の時期などが表れますface02
  ☆こんな感じです




農村通信の長年の実績に基づいて作られたもので、これまでほとんど狂いなくピタッと日にちを割り出すことができていますface08

「隣で振ったから、おらいもそろそろ・・・」ではなく、我が家のイネの生長に合わせた適切な肥培管理で活力のあるイネをつくりませんか?


☆稲作メイト3S☆
定価3240円(税込)のところ、5~7月ご注文の方はジャスト3000円で、さらに送料込みで販売させて頂きます。



ご注文は電話、ファックス、メールのどこからでもOKです。
電話0234-23-5225
FAX0234-23-5226
E-mail:noutsuu@atlas.plala.or.jp

お名前、住所、電話番号と何個ほしいかをお知らせください。

たくさんのご注文お待ちしておりますface02


  


Posted by 農村通信 at 14:37Comments(0)売ります

2018年05月25日

はえぬきの苗完売しました

昨日、ブログにあげた「はえぬき」の苗180枚ですが、すぐに必要な方からご連絡をいただき、完売いたしましたkao1

ご連絡ありがとうございましたfutabafutabafutaba



   ☆写真はイメージです  


Posted by 農村通信 at 11:04Comments(0)お知らせ

2018年05月24日

はえぬきの苗、お譲りします!

庄内ではほとんどの地域で田植えが終わったようですfutabafutabafutaba

大変お疲れ様でしたkao1icon12

一方で、大規模化や人手不足、共同田植えなどの関係で、今もまだ頑張っていて、もうひと踏ん張りという農家さんもいます!

疲労もピークに達していると思われますが、焦らず、怪我のないように頑張っていただきたいと思いますkao10

さて、今年も田植えが終わった農家さんから
「はえぬき」の苗が180枚余っていると連絡を頂きました。

必要な方はいませんか?

いらっしゃいましたらお譲り致しますので、農村通信社までお電話ください

農村通信社
電話0234-23-5225まで(5/24完売)


    ☆写真はイメージです
  


Posted by 農村通信 at 11:16Comments(0)売ります

2018年05月16日

新緑の季節

5月に入って初めてのブログ更新となってしまいましたface07

4/28に、週間天気予報に基づき、指導部から高温日を乗り切るための健苗育成のポイントをブログに載せましたが、蓋を開けてみれば相変わらずの寒暖差でしたねicon10

それでも5月1日に行った稲株塾の育苗巡回では、みなさん大きな障害もなく、苗は概ね順調に生育しておりましたfutaba

当社の講師陣も、地域や規模によって田植え日はバラバラですが、田植えのようすを見に行ったところ、見事な健苗でございましたfutabaface02

さまざまな理由で、悪天候の中、強行田植えされた農家さんもいらっしゃったことと思います。そんな中でも、みなさん悪天候の合間を縫って仕事を進め、庄内の水田も徐々に田植えが進んでおりますfutaba

庄内平野が緑の絨毯と化すのも、きっとあっという間でしょうface01

さて、着々と新緑の季節がやってきておりますicon01

会社にも春の花々が持ち寄られ、社内も明るくなりましたface05

こちらは「みやこわすれ」という花です。
名前の由来は「都を忘れるほど美しい」とこから名づけられたそうです
icon12



花言葉は「しばしの憩い、しばしの癒し、しばしの別れ、また逢う日まで」という意味だそうです。名前の由来と花言葉がリンクしているようですね。



そしてこちらは「紫蘭(しらん)」という花です。その名の通りラン科の植物で、花言葉は「美しい姿、あなたを忘れない、変わらぬ愛」だそうです。素敵ですね。



拡大してみてみると、その独特の容姿と鮮やかな紫が大変魅力的です



☆紫蘭は初心者にも育てやすい花だそうです。

花言葉も素敵ですし、どちらの花もとても可憐で美ですねface02

バラやダリアなど、存在感の大きな花もいいですが、こういった小さくて可憐な花もぜひオススメですface01heart




  


Posted by 農村通信 at 16:49Comments(0)雑感

2018年04月28日

GWの高温に注意!育苗のポイント速報

おはようございます。早い人は今日からGWですねface01

週間天気予報を見ますと、天気も良好で、観光地は賑わいそうですicon17f01f01f01

さて、稲作農家のみなさんは播種が終わり、今は一番大事な育苗の時期に入っていますfutaba

同時に田んぼの耕起、代かき作業があるため、育苗ハウスの温度管理には常に注意が必要な時期となります。

  耕起↓

  代掻き前の入水↓

ついこの間まで寒暖の差が激しかった庄内も、GWは高温日が続きそうです

そこで「農村通信5月号」がお手元に届くより一足先に、指導部より高温のGWを乗り切る育苗のポイントをお知らせしたいと思います。

*********

●健苗育成のポイント
1.5葉期~2葉期にかけての温度管理の目安は、日中最高20℃、夜間最低10℃を目標にしましょう。

②特にハウスでは温度が高すぎて苗を焼いたり日当たりや風通しが悪いと軟弱徒長苗になりやすいので注意しましょう。

   苗やけ↓


2葉期以降からは、ごく低温の夜や強い雨風の時だけハウスを閉じ、その他はハウスをまくり上げ、20℃以上にならないように風通しを良くして管理しましょう。


水分管理は乾燥しすぎると苗が枯死し、過湿すぎると軟弱徒長苗になり、根張りが悪くなったり、根腐れを起こしてしまうことになりかねません。夕方、床土の表面が白く乾いても、翌朝には湿っている状態がちょうどよい状態です。つまり、

朝、床土が白く乾いていたら乾きすぎ
夕方、表面が湿っていれば湿り過ぎ
ということになります。

かん水の時間は午前8時頃~10時頃がベストです。
光、温度、水分管理に十分注意しながら活着の良い健苗に仕上げましょうface02


  


Posted by 農村通信 at 09:39Comments(0)緊急速報

2018年04月23日

春の吉報

こんにちはface01

先週の土日は、天気にも恵まれ、各地でお花見のピークだったのではないでしょうかrose

私も土曜日に日和山に行ってみましたが、車を停める場所がなく断念face07

翌日、再トライで遊佐町の中山河川公園へ行ってきましたface02


鯉のぼりが風になびいて、土手にはシートを敷いてお花見をするグループやカップルの姿、外国人の方もいらっしゃいましたicon12

川のせせらぎ、鳥の鳴き声、そして美しく咲く桜に雪の残る鳥海山、とっても癒されましたface05

*********


さて、話は変わりますが、当社の前会長である阿部順吉さん(88)が、自身の所属する水墨画サークル「如月会」で毎年出展している日本水墨画展において「青稜賞」に選ばれました!!



作品は2曲屏風で、2羽の白鳥が飛び立つ姿を描いておりますicon12

阿部さんは、この水墨画展に毎年出品して、今年で15回目です。

何でもそうですが、継続するということは、とても大変なこと。

好きだからこそ、情熱を切らさずに続けてこれたのだと思いましたface02

その気持ちが作品に表れ、それが評価されたこと、農村通信のスタッフ一同、とても喜んでおりますface02

おめでとうございます!face02



  


Posted by 農村通信 at 16:47Comments(0)お知らせ雑感

2018年04月17日

五感で春を満喫

こんにちはface01

寒暖差の激しい日が続いていますicon01icon02icon03

体調を崩しやすい時期ですので気を付けて過ごしたいですね

さて、先週末は桜がいい感じに咲いておりましたが、雨や寒さでお花見にはイマイチな天気でした。写真は日曜日に酒田市東泉町の桜並木で撮影したものですが、曇り空だと桜の色が映えませんね・・・


今週末は少し天気が盛り返してきそうですので、ぜひ青空に咲き誇る桜を見たいものですicon12icon12

さて、蕾の時からブログにアップしてきた当社の水仙が見事に咲き誇ってくれましたicon22
ジャーンicon12



水仙ってとっても生命力の強い植物ですね!

そしてこちらは、スタッフUさんがご自宅のお庭から摘んできてくれた水仙です。同じ水仙でも黄色が濃くて、こちらもとってもきれいですface02



春はいろいろな花が芽を出し花を咲かせます。もう少しすると産直は春の恵み「山菜」で賑わってくるでしょうface01

やっと訪れた春ですheart五感で春を満喫したいですねheart


  


Posted by 農村通信 at 13:57Comments(0)雑感